マインクラフト【骨粉を使わない全自動竹、サトウキビ、サボテン作り装置の作り方】

投稿者: | 2020年6月13日

こんにちは。今回は、マインクラフトでの全自動竹、サトウキビ、サボテン作り装置の作り方を紹介します。

【作り方】
作り方は、非常に簡単です。さらに、全自動なのでいいと思います。
作り方は、まずブロックを1つ置き、それの右上にブロックを置き、そのブロックの右下にブロックを置きます。今置いた3つのブロックの内、2つのブロックの上にレッドストーンを置いて、レッドストーンを置いていないブロックの左右にレッドストーントーチを置きます。

次に、今作ったものの上に土ブロックを2つ置いて、それの左右に写真のように粘着ピストンを置きます。そしたら、土ブロックの後ろに水を入れるスペースを作ります。水を入れる広さは、1マスの方がスペース軽減になるのでいいと思います。

次に、粘着ピストンの手前にブロックを置いて、それの下と上にピストンを置きます。向きは、粘着ピストンの方に出っ張る部分が向くように置きます。音がうるさいので真ん中にレバーを置いて1タップするといいと思います。そしたら、左の方にクロック回路を作ります。まず、左の下のピストンの1マス左にはならかしたところにレッドストーンを置いてそれの前後にもレッドストーンを置きます。1番手前のレッドストーンのさらに前にレバーを置き、1番奥のレッドストーンの左右には、レッドストーンを置きます。1番奥の真ん中のレッドストーンのさらに奥には、ブロックを置いて、それの上にレッドストーンを置きます。今置いたブロックの左右には、レッドストーントーチを置きます。

次に、さっき作ったクロック回路をレッドストーンで伸ばしてサトウキビがあるところまで伸ばします。サトウキビの1回成長した長さのところにピストンを置いて、刈り取り装置の完成です。そしたら、クロック回路を装置の真ん中にあるレバーまでレッドストーンでつなげてレバーがあったところには、レッドストーンリピーターを置きます。

最後に、とれたサトウキビが無駄にならないように周りをガラスで囲むといいと思います。あと、真ん中の土ブロックの前にホッパーを置いてそこからチェストにつなげば完成です。

今回は、これで終わりです。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です