マインクラフト全自動レール系回収機の作り方

投稿者: | 2020年5月18日

こんにちわ。今回は、マインクラフトでの全自動レール系回収機の作り方を紹介します。低コストなので、作りやすいです。

【全自動レール系回収機の作り方】
全自動レール系回収機は、低コストなのでサバイバルモードでも作りやすいです。ですが注意があります。スライムブロックを6つ使うので持っていない方は、作れません。
作り方は、地面から2マスあけてスライムブロックを置きます。次にその横に4つスライムブロックを置きます。
そのスライムブロックをどちらかの端の上にスライムブロックを置きます。
そのスライムブロックを2つ重ねた上にオブザーバーを置きます。向きは、スライムブロックをの方にオブザーバーの顔を向けます。
次に違う方のスライムブロックの端にオブザーバーを置きます。
向きは、さっきのオブザーバーと同じです。
あとは、2つスライムブロックを重ねた方の上のスライムブロックに粘着ピストンを置きます。
向きは、スライムブロックの方に向けます。
あとは、粘着ピストンの後ろにブッロクを置いてレバーをつけます。
そして残っているスライムブロックの上に自分が増殖したいレールを置いてその上にホッパー付きトロッコを置いて終わりです。

もう1つ作り方が、あります。これは、スライムブロックを使わないのでスライムブロックを持っていない人でも作れます。
作り方は、オブザーバーの顔を向かい合わせにして置きます。そうするとクロック回路ができます。次にそれの左側にピストンを1つ置いて、ピストンの右側にレバーを置いてON/OFFが切り替えれます。ピストンが伸びていると思うので、それの前を1マス掘ります。掘った部分の右側にパワードレールを置いて、さらに右側にレバーを置いてONにします。

次に反対側です。
作り方は、ピストンをおいて右にレバーを置いてON/OFFを切り替えれるようにします。レバーの前に2つレッドストーンを置きます。さらにその前に、ディテクターレールを置いて、それの左側に1マス掘ります。穴とピストンの間にディテクターレールを置いてその上にトッロコを置いて終わりです。

使い方は、スイッチをONにしてピストンが動いているところにレールを置きます。そうすると2個になります。それを何回もやればいっぱいになります。今回は、これで終わりです。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です